MJTとはどんなメーカー?

MJTはアメリカのミズーリ州にあるギターパーツメーカーです。

MJTは主にヴィンテージの良さを再現したレリック加工したギターパーツを得意としており、数々の作品を作り出しています。

マーク・ジェニー&マット・ジェニー親子が運営しており、作品もこの2人が実際に手がけて制作しています。

MJTはヴィンテージを再現するために研究を約20年行い、今のレリック加工に至りました。

基本的にはカスタムで制作しており、内容にもよりますが、ボディのレリック加工であれば、相場は7,8万円からそれ以上します。塗装から行っているので、マニアックなカラーも制作する事が出来ます。

なぜレリック加工なのか?

そもそもなぜレリック加工するのか?それは、ギタリストの中にはヴィンテージギターが醸し出す歴史を感じさせる風合いや趣をこの向き人がいますが、実際ヴィンテージギターは高額な商品です。また中々希望の物を入手するのも難しいものです。

そこで人工的にヴィンテージの良さを再現するための技術がレリック加工なのです。

人工的に作る事で低価格でヴィンテージの良さを手にすることが出来るようになりました。

また、カスタムで作る事で本物のヴィンテージにはないギタリストのこだわりを再現する事も可能になりました。

 

MJTの魅力とは

MJTのマーク・ジェニー&マット・ジェニー氏はヴィンテージを再現するために、約20年にもわたってヴィンテージの特徴を研究し、独自のレリック加工に行きつきました。

ヴィンテージを再現する上で欠かせないのが塗装です。

1950年から1965年ごろのギターにはラッカー塗装、厳密にはニトロセルロースラッカー塗装がされており、このラッカーによって独特の風合いや擦れ、塗装のクラックが起こり、これがヴィンテージの魅力の1つに繋がっています。

ジェニー氏はこのラッカー仕上げに着目し研究をし、独自のレリック加工でヴィンテージギターの再現に成功しました。

実はMJTは元々塗装会社で、この塗装技術を強みとしたメーカーなのです。

つまり、MJTは1から塗装から手掛けているので様々なカラーのギターボディが実現でき、当然手作業によるレリック加工なので全て1点ものの世界に1つの素晴らしい作品を作る事が出来るのです。

中にはかなりトリッキーな作品などもあり、MJTの作品はヴィンテージのリアル感以上に楽しむ事が出来るメーカーです。

今はボディだけでなく、ネックやその他のパーツもレリック加工しており、完全なヴィンテージを再現したギターを作る事が出来るようになりました。

そしてもう一つMJTの魅力はボディが軽い事です。これによりライブでも演奏しやすく、ライブ映えもするという一石二鳥なギターボディになっています。

 

 

MJTの魅力を簡単に言うと・・・

  • ヴィンテージの魅力を安く手にできる
  • 豊富なカラー
  • ボディが超軽量
  • 世界に1つだけのギター
  • 他のメーカーにはない技術とセンスがある

こんなところでしょうか。

MJTの品質は間違いないので、自分だけのギターを作りたい人にはおすすめのメーカーです。

というか、レリック加工を考えた場合、断トツにコスパの高いメーカーなので、実際MJT以外に選択肢はないでしょう。

MJTの作品を購入するには

現在MJTを購入するには輸入しかありませんが、当店Guitars WalkerではMJTから直接仕入れる事で、低価格でMJTの作品を提供する事が出来るようになりました。

MJTの新作を随時しいれておりますので、他にはない1点もののMJTらしいヴィンテージボディを購入する事が出来ます。

カラーバリエーションもかなり豊富で、レリック加工もかなりのパターンがあり見ているだけでも楽しいです。

 

MJTの販売ページ