-- Guitars Walker Magazine Top --
 


 

テレキャスのブリッジの種類について。その違いを比較

 

テレキャス ブリッジの種類と特徴を比較

テレキャスのブリッジは時代によってその姿と機能を変え進化しています。

ストラトとは違いトレモロが無い分調整が簡単なのが特徴。

またきブリッジの下の金属プレートはテレキャスらしい高音を出すのに影響がある程重要なパーツでもあります。

調整が正確ではないがヴィジュアル的にヴィンテージのブリッジにこだわる人、機能にこだわる人など様々いらっしゃいますが、どのブリッジがどう良いのか悪いのかその特徴を簡単に解説していきますので是非ご参考にしてみてください。

 

ヴィンテージタイプ(3ウェイブリッジ)

 

画像の様なヴィンテージタイプの特徴は3Wayのブリッジです。

弦高調整は楽ではあるが、1つのブリッジに2本の弦が乗っている事からサドルが曲がったり、オクターブ調整ではサドルを前後させる事から1つのサドルに2本の弦が乗っているこのタイプのブリッジは調整が難しいとも言えます。

またブリッジしたの板がトレ―状であることからミュートしたりなど演奏のしにくさがあります。

ヴィジュアル的に好まれることが多く、ヴィンテージ好きな人にはやはりこのタイプのブリッジがおすすめです。

 

 

6ウェイブリッジ

 

3Wayブリッジの問題点を解決したのがこの6Wayブリッジ。

6Wayは6つのブリッジがあるので弦それぞれの弦高調整やオクターブ調整が可能に。

またブリッジ下の板がトレ―になっていない、またはサイドが低くなっているため3Wayより演奏しやすいメリットがあります。

しかし、弦がサドルの中央に来ないので見た目にバランスが悪く見えます。

弦を正確に調整したい人は6Wayがおすすめです。

 

 

ストラト風6Wayブリッジ

 

ブリッジがストラトのような感じのテレキャス用ブリッジ。

機能的にはこれが一番性能が良いです。

調整はストラトと同じやり方でできます。

ヴィジュアルより機能性を重視したい人はこのタイプのブリッジがおすすめです。

 

 

ブリッジの素材と形状が与える音の違いはあるのか?

ブリッジの素材や形状によって音にどう影響があるのか簡単に解説します。

まずブリッジには一般的にスチール製とブラス製があります。簡単その音の違いはスチール製はソリッドな感じで高い音が出やすく、ブラス製は柔らかくサスティーンがあるのでコード弾きに向いたサウンドを生みます。

アルミ製もありますが、これはさらにキンキンな感じ、金属音的な感じと言うイメージでしょうか。

ただ、これはブリッジプレートやギターのボディ材など他のパーツとの関連でまた違ってくるので、あくまでイメージです。

 

またブリッジプレートもサウンドに大きな影響があります。

たとえばヴィンテージ感あるサウンドにはスチールのプレートが向いています。

またスチールでも鉄の板を折り曲げただけの分厚い感じのプレートだと金属音ぽい感じが無くなり一般的にイメージするテレキャスっぽくない音になります。

 

テレキャスに限らずブリッジやブリッジプレートはサウンドに変化を与えますが、それはギターとの相性、素材との相性もあるので実際は組んでみないと分からないと言えば分かりません。

しかし、違いがあるのでその違いを知る事でギタリストがイメージするサウンド、個性が表現できることは間違いないので、こだわりどころです。